2013年08月04日

middle age B-BOY's tweet.-hisaya-





おじさん達がキッズの頃、今ほどYOU TUBEをはじめとするネット環境もない時代、限られた情報の中で必死で学んだHIP HOPとは正にこういう物でした。

いや、別に苦労自慢をしたい訳でもなんでもないのだけど。


苦労する事でそこに思い入れができるのは事実だけど、大変だから凄いとかそういう物ではないし、そうやって産み出した物から偶然にも深みや重みが出てくれたらラッキーくらいなもんで、ラクしてできればそれに超した事はない。


でも、↑で言ってる事を通ってるのと通ってないのじゃ、HIP HOPに対する認識が絶対的に違うのは事実だと思うんすよ。

ドラムブレイクありきの音楽だったからこそ、みんな必死に過去の音源を掘りまくったし、だからこそ、Diggin' in the cratesやKIng of diggin'といった存在・ワードが今も偉大かつ崇高な物として扱われていると言いますか。

そして、サンプリングでパッチワークする音楽だったからこそ、soulやjazz、funkにrock....なんでも聴くようになって、気付けば色んなジャンルの人達と仲良くなってたり。

勿論、その後に音源をガシガシ使う事や、サンプリングや2枚掛けというDJ側のファクターよりもラップに注目が集まっていることもHIP HOPの持つ可能性の1つだから、否定する気は全くないのだけど。それもまたHIP HOPの進化であり発展な訳で。


ただ、みんな自分の育ってきた環境の中で、ルールや価値観の基礎を形成していくのと同じように、どんなにHIP HOPの新たな形を知り、それらを受け入れてはいても、やっぱり自分にとってのHIP HOPはこういう物なのです。

そして、今HIP HOPシーンでレジェンドと言われている人達は、少なからずこういうHIP HOPをやってきた訳です。

時代は流れて、今や自分も新しい音を表現するために音源や弾きを取り入れるようにはなっているけど、自分の基本スタンスはやっぱりここにあって、それは今後も変わらないと思います。


で、若いB-BOYの皆さんには、こういうHIP HOPの存在を知って頂くと共に(既に知ってる人も多いと思いますが)、もし、こういうHIP HOPの方がしっくりくるという今やマイノリティとも言える価値観をお持ちの際は、今のスタンダードなやり方からすれば、かなり時間もかかるし、お金もかかるイバラの道ではありますが、是非是非突き進んで頂きたいと願っております。


5〜60歳のおじさんが若い子達に「お!お前野球やってるのか!野球は良いよな!チームワークだよな!」って言ってるのと同じくらい昔の価値観で物を言ってるという事は重々承知した上でお話しております。


でも、このファクターを軽視してしまうと、HIP HOPが他のジャンルよりも優位に立てる大切な武器というかアイデンティティを捨ててしまっている気もするんです。
そして、HIP HOPが今までのようなオープンな音楽ではなくて、HIP HOPとしてしか成立しない閉鎖的な音楽になりかねないというか。


まぁ、わざわざこんな事言わなくたって、みんな熱心に調べたりしてるから、知識として知ってはいると思いますが。

なんか調べモノしていたら、偶然この動画を見つけて、感慨深くなってついついアップしてしまいました。

すごく解りやすい解説だと思ったので参考までに。



あと、余談ですが、自分はずっとスケートをやっててDJを始めたのが遅いので、今となってはリアルタイムのように思われるかもしれませんが、比較的後からイバラの道を選んだ組に入ると思います。当然↑のHIP HOPの魅力に魅せられて。

まぁ、今程多様化はしてないですけどね。


以上、30を超えたおじさんのつぶやきでした。


おわり。













【関連する記事】
posted by doonuts at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | HISAYA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。