2014年06月20日

●コンピ紹介●HISAYA

ども。HISAYAっす。

えと、今回はゲストのSyeeyzの発案により、2014上半期ベスト3ってことでテーマを設けたわけですが。毎度のことながらまぁ各々自由な解釈で「2014上半期いっぱいかけた」とか、「2014上半期に買った」とか、もはやテーマがあってないようなものと化しております。
 
とはいえ、昨今はCD/デジタルリリースして随分経ってからアナログ盤がリリースされる事も多く、もはやどこを基準に2014なのかもジャッジしがたいところではありますが…。
 
そんな中、ざっくりではありますが、恐らく2014年リリースされたものであろう作品の中から選びました。
 
ではではどーぞ。


CS524590-01A-BIG.jpg

Llans Thelwell & His Celestials - Jive Samba

コチラ、厳密には新譜ではないようですが、2014リリース盤。
Cannonball Adderleyのジャマイカン・ジャズカヴァーだそうデス.

「はて?ジャマイカンジャズ??」と一瞬なりましたが、調べるとスカとほぼ同義だそうです。
針を落とすと…ジャマイカンというよりエチオピアのような印象を受けますが、確かにジャジーではアリマス。
とりあえずこういうの、好きデス。

スカと言えば、レゲエの親戚なのは有名ですが、いわゆる平和感溢れるレゲエよりも、こういう怪しげな悪い感じの方が好みです。
 
山のようにあるスカ/レゲエの中で、どのあたりを追いかければこの辺のラインに出会えるのかが解れば、自分はズブズブとスカ/レゲエの深い深い泥沼のような世界に足を踏み入れてしまう事でしょう。
多分それも時間の問題のような気がしていますが…。



71AfaNRZUNL._AA1500_.jpg

Pharrell Williams - Happy

「え?今更そんな有名曲?安パイ?魂売った??」

そんな事言わないでね。

自分はこの曲そのものの良さも去ることながら、世界的に有名なPharrell Williamsというアーティストが、我々が普段好んで聴くFUNKやその周辺の音楽と通じる楽曲をリリースし、それが世界的にヒットしているという事実が非常に意義深いなぁと感じています。

これだけ有名なアーティストがリアルタイムで「HAPPY」のような楽曲をリリースしヒットする事で、世代間を超えた共通項になり得るし、老若男女フロア皆が喜べる楽曲になり得ると思うんです。最近そういうのあまりなかったなぁと。

役割としてはALOE BLACC"GOOD THINGS"なんかも近いものがありますが、なんせ知名度がかなり違うでしょう。ミュージックステーションにまででちゃってますからね。下手すりゃその辺の高校生とまで共感できる曲。今そうそうないでしょ?

更にDJがここからCURTIS "MOVE ON UP"辺りに流れていけば(繋いだことないから合うのかは不明)、その辺の高校生がSOUL MUSICの扉を叩く可能性だってある訳です。

そういう意味で、今回のPharrell Williams氏のお仕事には感謝感謝であります。



3049a8c0c651a1774d735d73d21c3702ada78371_m.jpg

Lord finesse / Easy listening

コチラは前曲とは打って変わって非売品激レア盤です、多分。
毎度お世話になってますリアルB-BOY向けアパレルブランドBBPより発売された、Lord Finesse×MURO×BBPのトリプルネームTシャツ&7inchセットにのみ付いてくるシロモノ。自分の知ってる限り7inchだけで売られていた記憶はないのですが…。

内容の方はKing of Diggin’ MURO氏とLord FInesseのナイスインストビーツ。今回チョイスしたLord Finesseサイドは涼しげで心地よく、正に曲名のとおりの内容となっております。

重ね重ね、こちらは恐らく入手がすこぶる困難なので、聴いてみたい方はこのコンピを入手することをおススメします。


gagle-vg+-jazzy-sport-534x534.jpg

Gagle / 聞えるよ

2013年作「聞える」に七尾旅人氏がfeaturing. バージョンアップして2014年作へ。
自分のブログの方では「聞える」の時点で散々言いましたが、ドラムの鳴りが◎。
デジタルでプレイしてるのを聴いてもかなりの存在感で、自分にとっては「ドラムに始まりドラムに終わる」そんな1曲となっております。

LPもなんとか入手できて一安心。KGE THE SHADOWMEN氏が相変わらずの存在感で、流石の仕事をしていました。最早信頼のブランド。



以上です〜。


posted by doonuts at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ●コンピ● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。